遠藤実の妻は?娘と家族の関係はどうだったの?

   

Pocket

スポンサードリンク

作曲家として名を知られた故・遠藤実さん。

遠藤さんのや娘、家族について今回は調べていきたいと思います。

79684_photo

遠藤実さんは、日本が誇る歌謡界を代表する作曲家です。

貧しい家に生まれながら、流しの演歌歌手として長く活動された後、作曲家としてデビューされ、

たくさんの名曲を残しました。

舟木一夫の「高校三年生」、千昌夫の「星影のワルツ」、「北国の春」、森昌子の「せんせい」、渡哲也の「くちなしの花」、山本リンダの「こまっちゃうな」、牧村三枝子の「みちずれ」など

昭和の歌謡界において、なくてはならない人でした。

そんな遠藤さんをずっと支えていたという奥さんは一体どんな人だったんでしょうか?

はどんな人?

遠藤さんは18歳の時に3歳年上の節子さんと結婚されたそうです。

KC3Z0047

18歳って早いですよね!

とても運命的な出会いだったのでしょうね。

新婚生活

遠藤さんは貧しい家の生まれで、

5歳:6畳一間のあばら家に、父母、兄、自分、妹の家族5人。

10歳:母の姉の新潟に疎開。4畳半一間に、新たに生まれた弟を含んで、6人。

小さな頃からとても狭い場所に家族で暮らしていたようです。

そして、の節子さんと暮らす新居も

流しの仲間のAさんの家に住むのだが、それがバラックで、台所とトイレと6畳一間があるだけの家。

その家の、玄関と台所の間の畳一枚分が、二人の新居、だったと言います。

そして、Aさんの家にはもう一人の下宿人がいて、Aさん自身には子供が5人居る、というすさまじさです。

プライバシーも何もない状態ですね。

それでも住まわせてもらえるだけでありがたい、という状況だったんでしょうね。

KC3Z0106

これは、新婚時代の苦しい生活の中で奥様から贈られたギターだそうです。

音楽を愛している夫を、愛している妻だったんですね。

「くちなしの」妻への思い

遠藤さんの代表曲のひとつである「くちなしの花」。

この曲には遠藤さんの奥さまへの思いが込められているそうなんです。

KC3Z0061

48年にヒットした渡哲也さんの「くちなしの花」にはこんな挿話がある。

歌詞の「いまでは指輪もまわるほど」の一節に、遠藤さんは結婚式も挙げられぬまま苦労をかけてきた妻を思いやった。

いつかは指輪のひとつも買ってやりたいと思い、時計店のオパールの指輪を毎日見つめていた。

「くちなしの花」が売れ、その印税でやっと指輪を買うことができた。

奥さんは売れない遠藤さんを支え続けた人だったんですね。

その後はどんどんヒット曲を生みだし、時代の寵児となる遠藤さん。

裕福になることで2人の関係が変わることは無かったんでしょうか?

テレビ番組の中で、舟木一夫さんが遠藤さんの奥さんのことをこうコメントしています。

あの奥様は素晴らしい奥様でね。

やっぱり遠藤先生が苦労時代に一緒になってね、結婚式も挙げないでずっと来たんだよ、と。

遠藤先生の奥様と言うより、普通の家庭のごく普通の、むしろ おかみさんというふうな庶民的なね、、。

KC3Z0092

お互いをいたわりあい、支えあっていた夫婦だったんですね。

病床での会話

姉さん女房の節子さんが、1993年(平成5年)、64歳、肝臓ガンで先立ってしまいます。

病床で、遠藤さんと奥さんはこんな会話をしたそうです。

息が止まる直前に私の腕の中で「幸せでした」と言い、私も「しあわせだった」と答えたら「そう」と言い、

「苦労もしたけどきれいな花がいくつも咲いたね」と言ったら「うん」と言い、

「おまえのおかげで沢山歌がつくれたよ、ありがとう」と私が言うと、

首を振りおまえは、「違います。それは世間の、皆さんのおかげです」と言った。

どこまでも謙虚な奥さまだったんですね。

夫婦はいつまでもこうでありたい、と思える理想的な夫婦像です。

スポンサードリンク

妻に捧げる

dr1994

1966年、34歳の遠藤さんは「妻に捧げる歌」という曲を作っています。

歌詞をご覧ください。

しみだけの このに よろこびだった
リンゴのでつくったね ふたりでるベッド
露天った 靴 ギターでった
げるこのは より

よりぬなんて いわずにおくれ をみな
きらきらる あのも 長生きしなよ ほほえむよ
エプロンぬいで そばにて 未来をもっとろうね
げるこのは より

これはもう、そのまんま遠藤さん夫妻のことを歌っているように思えますね。

とても優しくて温かい歌詞です!

がいるの?

さて、そんな仲睦まじいお2人に、さんがいらっしゃるようです。

img_6

遠藤実記念館「実唱館」を訪ねてみました。
記念館は、佐潟から車で20分ぐらい、角田山の麓の越前浜にあります。

左手に受付があり、きれいな方がやさしく案内してくれました。
そのきれいな方は、遠藤実さんの娘さんとのことです。
お見送りもしてくれましたよ。

遠藤実記念館「実唱館」の館長をされている、娘の遠藤由美子さん。

画像

photo_image

とてもお綺麗な方ですね!

養女

遠藤実記念館「実唱館」館長で遠藤先生の娘さん(養女)遠藤由美子さん

という一文を見つけました。

どうやら、娘さんは実の子供ではなく、養女なんだそうです。

子供に恵まれなかったから養女をとられたんでしょうか?

詳しい理由はわかりませんでした。

しかし娘さんはお父さんの功績を称える記念館を、誇りを持って運営されているようですから

きっと親子の中は良好だったのでしょうね!

葬儀で・・・

2008年12月、遠藤実さんは永眠されました。

2008年12月6日10時54分、急性心筋梗塞のため東京都内の病院で逝去した。76歳没。

79684_photo2

遠藤実さんの葬儀で位牌を手にする長女由美子さん

娘さんは喪主をつとめられたそうです。

国民栄誉賞受賞!

死後、遠藤実さんの功績を称え、国民栄誉賞が贈られました。

2009年1月23日、首相官邸、作曲家の故遠藤実さんの国民栄誉賞表彰式にて、
遠藤さんの長女の遠藤由美子さんと作詞家のいではくさんと麻生太郎首相。

e0165379_23121541

娘さん、とても誇らしそうですよね!

家族の関係

遠藤さんは若い時に貧乏で苦労をされて、そんな中でも夢を諦めず上京されたそうですが

その時家族に宛てて書いたはがきが実唱館には展示されているそうです。

東京生まれの遠藤は昭和18年、両親の実家がある現在の新潟市に疎開。

戦後、工場勤務や農家の奉公などの苦労しながら、歌手を目指し夜逃げをして上京した。

その列車の中で家族に宛てて書いたはがき。

「東京に出てゆき、どんなつらいことがあろうとも歌の勉強をし、戸籍をよごすようなことだけは、絶対にしません」

家族はどんな思いで遠藤さんを見守っていたのでしょうね。

96102e76547213e0266568643e367b5a4140d700-36-2-9-2

とても良き伴侶、そして良き娘に囲まれ幸せに暮らされていた遠藤さんですが

以前、娘の由美子さんがテレビに出演されていたときには

遠藤さんの若い頃のこんな話をされたようです。

鯛はもちろん、たいやきですら1個しか買えなかったので、二人で半分のたいやきが引越し祝いであったことなど、身近で夫妻に接して知り得た苦労時代の話を、愛情深く語った。

貧乏で苦しかった時代、でもそんな苦労があったから

人々の胸をうつ詩やメロディが生み出せたのだと思います。

遠藤実さんの残されたたくさんの名曲をまた聴きたくなりました☆

110519_endo1_l

 

スポンサードリンク

 - , 未分類 , ,