伊調馨の旦那(夫)は韓国人?結婚?姉は?兄がいる?高校は?

   

Pocket

スポンサードリンク

女子レスリングで活躍する伊調馨さん
2012年のロンドンオリンピックでは金メダル。
今年行われる、リオデジャネイロオリンピックでも代表に選ばれてますね。

そんな伊調馨さんの旦那が韓国人?そもそも結婚してたの?
姉は?兄がいる?高校はどこ?

そんな気になるあれこれ調べました!

夫は韓国人

あれ?そもそも伊調選手って結婚してましたっけ?

過去に結婚目前まで、話が進んでいたお相手がいたようです。

どうやら結婚はまだのようです。

噂のお相手は、元韓国のレスリング王者として君臨された方で、
韓国体育大学のコーチを務めた経歴もある、チェ・ワンホさん。

現役選手とレスリング経験者で結婚のお相手と通じるものがあったんでしょうね!
夫婦揃ってレスリング・・・パワフルな夫婦ですね。

2016-03-01-15-45-21

チェさんは、俳優の伊藤英明さん似のイケメンといわれています。

江口洋介似なんて話もあるようです。

確かにイケメンです!伊藤さん似の方に一票!

 

出会いは?

yjimageUVCY2JQT

さて、そんなイケメンとの出会いはいつだったんでしょう?

二人の出会いは、2007年のアジア選手権

 

その年の夏に、伊調さんが韓国へ出稽古をした際に再会を果たします。

再会は意外とすぐだったんですね。

その時、チェさんが日韓の通訳として関わっていたことから、
だんだんと親密な関係になっていったようです。

お相手は日本語が堪能なんですね

出稽古やチェさんの励ましのおかげもあったのか、2008年に行われ北京オリンピックで、見事金メダルを獲得します。

北京での試合は見事でしたよね!!

結婚は?

スクリーンショット 2016-08-06 9.16.44

結婚も見据えていたのか、北京を持って引退を表明していました。

記者会見で発表していましたね。

しかし、周囲の後押しも強かったのか、オリンピック後の引退を撤回し、ロンドンオリンピックへ向け練習を再開。

2連覇すると本人も周りも欲が出てきちゃいますよね。

09年4月から伊調は半年間、姉妹でカナダ留学をするため、留学前に《両家で結納を交わした》とも報じられましたが・・・

しかし、撤回したことでその話も無かったことになったようです・・・。

「いま、ワンホは、馨と交際も入籍もしていません。彼は現在も独身です」

リオデジャネイロの後にまた交際再開、結婚報告なんて事もあることしれませんね!
今後が楽しみです。

スポンサードリンク

は?

先ほど、姉妹でカナダへ留学なんて話も出ましたが・・・

姉である伊調千春さんもレスリング43kg級の選手として活躍されていましたが、現在は引退し、2010年より青森の高校教諭を務めています。

WS000002-2-206x300

さんは地元の八戸市の高校で保健体育の先生をしているそうです。

ライバルの坂本真喜子を破って出場したアテネオリンピックでは金メダル確実といわれたが、決勝戦でイリーナ・メルニク(ウクライナ)に延長の末に協議判定で敗れ銀メダルとなった。

姉妹で金銀と好成績でしたね。

2008年の北京オリンピックでリベンジを誓ったが、またしても決勝戦で敗れ2大会連続の銀メダルとなった

馨さんもアテネ同様、金メダルで2大会で姉妹同時メダルと話題になりましたね。

35

 

もいるの?

姉妹には、お兄様も一人おり、名前は伊調寿行さんといいます。

10126148658_s

三人兄弟だったんですね。

兄・伊調寿行は元レスリング選手

千春さんと薫さん、二人ともお兄さんの影響でレスリングを始めたそうですよ。

綜合警備会社の「ALSOK」のレスリング部のコーチを務めています。

img0808180801_photo

まさにレスリング兄妹ですね!!

高校は?

愛知県中京女子大学附属高校(現至学館高等学校)出身

Shigakukan-highschool(Nagoya-Aichi-Japan)1

やはり高校は強豪の高校。レスリング部はインターハイに行くほどの実力があるようです。

スポーツに力を入れる学校で、普通科の中にスポーツサイエンスコースを設置しており、校内設備としてジム等が整備されている。

真剣にスポーツに取り組んでいる人には、これ以上ないほど良い環境ですね!

校歌のモデルは・・・

69851p

実は現在の校歌のモデルの一人が伊調馨選手の姉・千春さんだそうです!

本来は校歌として制作されたものではなく、飯尾が取材を通じて交流のあった女子レスリングの伊調姉妹(伊調千春・伊調馨)と吉田沙保里が、2004年のアテネオリンピックでメダルを獲得したことを祝して制作されたものだった。

作詞作曲した飯尾さんは、中日新聞の記者だそうです。
作詞作曲できる新聞記者ってすごいですね。

その後2005年、中京女子大学付属高等学校が共学化する際、校歌が良妻賢母を基調にした歌詞だったため、共学校にふさわしいものをと模索していたところ、先述の選手が至学館大学(中京女子大学)出身だったことなどが契機となり、この曲が高校関係者の目に留まり、同曲を校歌にすることを決めている

千春さんを励ました親友は不二美由華さんだそうです。

詞のベースは、銀メダルに終わり失意のうちにあった伊調千春を、同じくバレーボールでオリンピックを目指しながらも怪我で断念・引退せざるを得なくなった親友から励まされて、再びレスリングを始めることを決意するというエピソードから。飯尾は、周りで支えてくれる人の大切さを込めたかったと語っている

10代にはとてもいい校歌ですね。

 

初の甲子園出場、決勝戦の後、監督を含め選手が校歌を歌った際には
ネットで「J-POPみたい」と話題になったようです。

最近の子にはとても歌いやすいでしょうね。

120809_icho_jpg

ついにリオデジャネイロオリンピックが始まりますね!

五輪4連覇なるか!?注目ですね!!

気になる彼との今後も気になるところです。

スポンサードリンク

 - 旦那, 未分類