宮村優子(コナンの声優)の旦那とは離婚?原因は?現在は病気?

   

Pocket

スポンサードリンク

「名探偵コナン」遠山和葉役、「新世紀エヴァンゲリオン」で惣流・アスカ・ラングレー役で有名な宮村優子さん

そんな宮村優子さんが旦那と離婚?理由は?
現在は病気?

気になるあれこれ、調べてみました。

imageIX8133BU

惣流・アスカ・ラングレー・・・一度は見たことあるんじゃないかと・・・

旦那はどんな人?

当時お互いが所属していた、JAE(ジャパンアクションエンタープライズ)の男性スタントマンだった関隆行さんと2004年に再婚という形で結婚。

宮村さんは、以前に漫画家のナカタニD.さんと結婚していましたが、わずか1年で離婚しています。

yjimageI2F7DXII

こんな顔の人だそうです。

宮村優子さんに女の子妊娠しているという事実が発覚し、そのままゴールイン

できちゃった婚って、意外と多いですよね。

さらにもう一人、お2人の間には、男の子もいるんだとか

一姫二太郎ってやつですね。

2人の結婚は宮村さんが31歳で関さんが25歳の時。
という事で関隆行は6つ年下の現在は今年で37歳。

なかなかの年の差婚です・・・。

シルク・ド・ソレイユに憧れていた関隆行さんは、2009年オーストラリア大学「NICAO」で、サーカスの演技を学ぶためにオーストラリアへと移住

向上心の強い人なんですね。

子供もいるのに大学へ送り出し、一緒に移住できる宮村さんもすごい・・・

Twitterにて突然の離婚発表

image01

2016年7月18日、Twitterにて日本に帰ることを報告

「アニメが見たい」「花火がみたい」「ラーメンの食べ歩きがしたい」と
日本でやりたいことを呟いた後、突然・・・

そんであとは、離婚届だすよ。12年間おつかれさま私。

「えー!いきなり!?」と驚いたファンも多かったでしょう。
私もその一人です。

離婚の原因は?

image

詳しい理由は出ていませんが・・・

ご心配ありがとね。でも子供のために決断したので、娘と息子と3人でがんばるよ!

とのこと。

ネットでは、

長女と長男が、オーストラリアに馴染めず日本に行きたいと言いだした可能性や、学校でイジメにあったという可能性も考えられます。

なんて話や

旦那さんとの性格の不一致

なんて理由も挙げられています。

なんにせよ、真実は家族にしか分かりませんが・・・

スポンサードリンク

離婚後。これからは

日本に帰るという報告は仕事の関係で、しばらくはオーストラリアに住むそうです。

私は帰りたい気持ち強いかもだけど色々考えてまだオーストラリアで暮らすって決めてる。第一の理由は娘ちゃんがアクロ体操のオーストラリア代表チームに入っててまだまだパートナーとアクロ体操に打ち込みたいみたいだからねぇ。母は応援したいかな。

ネットでは、子供が馴染めてないんじゃ・・・なんて声もありますが、
少なくとも娘さんは生き生きしてるみたいですね。

Cj3HwX1UUAAGZu1

この3人のうちの誰かが娘さんのようです。

どの子でもすごい・・・

Cdy4JyaUUAELJtg

ちなみに息子さんは幼稚園に通ってるようです。
ゲーム実況を見るのが好きなんだとか。

現在は病気

yjimage1XGHS213

宮村優子さんは、2007年に、バセドウ病という病気を公表しています

これを公表した直後に「声が変わったから引退する」なんて噂も出ましたね。

完全にデマでしたが・・・。

現在も治療中のようで、本人はTwitterで

バセドウのクスリ+心臓ドキドキの弱めるクスリ飲み始めて3週間、血液検査の結果、数値は良い方に向かってました!まだ正常値じゃないんだけど。クスリ続けて様子見です。副作用がひどくならなきゃクスリ続行で、副作用がひどくなったらアイソトープ治療という感じ。心配してくれた皆様ありがとうね。

問題なく・・・というわけではありませんが、それなりに元気なようです。

バセドウ病って?

最近では、歌手の絢香さんも患った病気ですね。

どんな病気なんでしょう?

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気、すなわち甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気です。

甲状腺の病気は女性が多いですが、パセドウ病は男性にも多々あるようです。

主な症状は、甲状腺腫大、眼球突出、頻脈など。

眼球突出!怖いですが、実際になる人は少ないとか。

・低カリウム血症から低カリウム性周期性四肢麻痺になる。

手足が痺れたりするそうです。

・あらゆる臓器が常に全力疾走しているのと同じ状態になり、大量のエネルギーを必要とするため食欲が異常に増すが、代謝が高いため体重減少を来たす(代謝以上に食欲が亢進し、太る場合もある)。
・心臓機能の亢進から収縮期高血圧と頻拍、時に心房細動を来たす。

現在、完全に治す治療法は見つかっていないようです。

しかし、

病特有の症状を起こしているのは、血液中の過剰な甲状腺ホルモンです。したがって、血液中の甲状腺ホルモンの量を正常にコントロールしていれば、健康な人とまったく変わらない生活ができるのです。

ちなみに、宮村さんが言っているアイソトープ治療は、

甲状腺の細胞を減らして、ホルモンの分泌を調整する治療だそうですよ。

yjimageOFQXBRSW

病気の治療と子育て、とても大変でしょうが、家族3人で仲良く過ごしてほしいですね。
これからも、TVで声が聞けるのが楽しみです!

スポンサードリンク

 - 旦那, 未分類